<   2012年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

GW突入!   


世の中は一斉にGWに突入ですね。


サラリーマンしていた頃は特になるするでもなく、会社の仲間と遊んだり、東京にいた頃は帰省して姪と遊ぶことで終わってた。


花屋になってからは…母の日まで遊ぶ暇はありません。


花屋っていう商売は難しい。。。と、思う。


花って喜びを伝えたり、お悔やみを伝えたり、自分の家の庭を綺麗にしようとしたりして、基本誰かのためや自分のために、そういう心に添うものであると思ってる。


でも商売は違う。


やっぱり去年よりは今年のほうが売り上げがあったほうが良いし、たとえ個人商店でも成長したい。


頭のいい花屋さんはその辺の折り合いがうまく出来ていて、素敵な花をうまく売っていけるんだけど、どうも私はその点が不器用。


かといって、利益度外視みたいなことは出来ない。家賃やらスタッフさんのお給料やら仕入れやら支払うもの支払って自分の生活が成り立たないことには意味ないし、私だって貧乏よりはそれなりにお金もあったほうが良い。


こういうことを悩むのは決まって母の日前。


スーパーのテナントに入っていると、この時だけのお客さんがぐぐっと増える。普段花を買わなかったり、飾らなかったりする人もお母さんに花をっていう方が増えるから。


それは有難いことで、出来ればその1日から少しは花に興味を持ってくれればなお有難い。


でも忙しくなるとフラストレーションが溜まる。


自分の目が届かないことが増えるからだ。


全てのお客様に挨拶して、全てのお客様の注文を聞き、作り、送り出すことは不可能だから私の知らないところで流れていくお客様がいる。


満足されたか、されてないかも分からない。


それがフラストレーションの元だ。


それでなくても最近は他の仕事で店をサボることが多くなり、接客していない時間や花束やアレンジを作る時間が少なくなっているから焦るのかな。


うちのスタッフさんについては有難いことに大きな問題を抱えているわけではないので取り越し苦労だったりするのだけれど。


そんな感じでいるので、やっぱりお客様の心に寄添ってこその商売なんじゃないかと思ったりする。


甘いのかな。


甘ちゃんなので、普段数字のことはあまり気にしないようにしてる(数字は旦那がしっかり管理してるし)。


でも、「とはいえ」なのだ。


とりあえず、25日以降今日までは前年よりは良いみたい。


そしてその不安を13日まで抱えながら仕事をするのだ。


それでもお客さんに寄り添う姿勢は忘れずに続けたいと思う。


それが理想。


信念と呼びたいかも。。。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-29 00:16 | 仕事のこと

奸婦にあらず 諸田玲子   

本を読むことが好きです。


どんなに忙しくても、1日の中でどこかで少しでも活字を読まないといられない性分、昨年はそのせいで(床にある本を取ろうとして…)ぎっくり腰になり、友達に本禁止令を出される始末。。。


それでも現在も読まずにいられません。


ブログを引越しして真っ先に紹介しようと思った本は別にあったんだけど、今はこの本に夢中です。


「奸婦にあらず」 諸田玲子著


幕末の桜田門外の変、水戸藩の浪士に殺された大老井伊直弼、直弼がまだ彦根藩のしがない部屋住みでいた頃にその密偵として美貌と才気で翻弄し、後に本気の恋仲になるも引きちぎられ数奇な運命をたどることになった“村上たか”の話しです。


文庫にして600ページを越す長編歴史小説。


時代小説好きな自分としては読み応え充分。


この中ではたか、直弼、そして後に出てくる主馬(国学者で直弼の師となる)の3人を中心に、京、彦根、尾張、江戸が複雑に絡み合い、そして水戸藩が出てきてあの事件に繋がり、事件後も災難に見舞われながらも生き抜くたかが描かれてます。


話しは坊人(忍びのこと)として直弼に近づいたたかが本気で惚れてしまうところから始まる。


その頃の直弼は井伊家の14男という不遇の時代で、兄が家督を継ぎ、その他の兄弟は他家へ養子に行き、同母の兄が嫡子となり、自分は「お次様」の冷や飯食いだった。「お次様」というのは嫡子が正式に家督を継ぐまでの保険のようなもの。他家に養子に行くでもなく藩のお屋敷の中で何をするでもない日々。この頃は子供が誰でも成人まで育つ確信は無かったからね。お家のためには「お次様」は絶対必要、個人の想いよりもお家大事でしたからね。


ただ、直弼は己を磨くことだけは忘れなかったの。学問を学び身体を鍛え、和歌をたしなみと立派な人だったのは確かなの。


そこに目をつけたのが多賀神社(今は多賀大社というらしい)の坊人を取り仕切る慈算という院主(これがなかなかの狸じじい)。また、尾張藩もひそかに目を向ける。そこで登場するのが内偵として送り込まれるたか。


密偵として送り込まれたはずが二人は相思相愛となる。でも、たかは以前藩主(直弼の兄)の伽役(要は妾)をして逃げた経歴があり、それが直弼にばれて二人は離れ離れになる。


そのうち嫡子の兄が死に、養父であり兄である藩主が死に14男にして直弼が藩主となる。


その頃のたかは院主の慈算から離れ主馬の手先となって働く(すべては直弼のため)。


藩主となった直弼、大老となり紛争するが、アメリカとの外交問題や将軍家のお世継ぎ問題などで水戸家と対立することとなっていく。


後はご存知の通り桜田門外の変に繋がっていくのだけれど、直弼が死、主馬も囚われの身となり刑場の露となる。


たか自身も一度は捕らわれるけど、命拾いしその後は尼となって明治9年まで生きたみたい。


抜粋するとそんな話しなんだけど、ここで問題になっているのは直弼、水戸藩どっちが正しいかということではなく、「志を持って生きる」ということ。


そこに感動しちゃうんです。


あくまでも作者のフィクションではあるけれど、史実には基づいているし。


実は幕末はあまり好きではなく、直弼が彦根藩主だったことも知らないでいたんですよねー。恥ずかしい。


だけど、こういう生きにくい時代に志を持って命を懸けて動くということがすばらしく心に響くんです。


あー読んでよかったって思って。


たかは直弼の子供を身ごもるんですけど、産んですぐ里子に出すんです、生涯会わないんです。そしてとにかく一途に直弼のことを思い、直弼の為に働こうと主馬の手先となって宮家に仕えたりします。


それとこの話しの中で一貫しているのはたかは弁天様の生まれ変わりとされているところも面白いかな。


何度と無く死ぬような目にあっても生かされている。それは弁天さまがまだ生きよと言っていると…。


直弼が死に、師と仰ぐ主馬も死に、以前に生んだ息子も自分と同じ坊人となったために自分より先に死に…そんな中でも「仏さんに生かされてる」と思って生き抜こうとするたかに感動してしまう。


そんな本です。そして諸田玲子という作家に感動してしまう。





で、問題が。





私、本を読むとすぐに本に感化されちゃうのでこの中で出てくる京言葉が脳内を占領するんです。


彦根を中心としてる話しですけど、言葉はきっと京言葉。「…しはらへん」とか「かましまへん」「…おますさかい」。。。


あー頭の中が京言葉で埋め尽くされていく。


でも、関西の方って他の地方の人が関西弁のまねするの嫌がるんでしょ?


次の本に心を持っていかれるまで堪忍なー。


ほな。


あ、ひとつだけわからない言葉、「てんごう」ってなに?前後の文章の流れからすると『嘘』みたいなんだけど、「てんごういわんといて」とか「てんごうやおへん」などと使われてる。


今でも使うのかな?
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-28 00:55 | 本のこと

すみません   

心の平穏が訪れません。


も少しブログ再開には時間が掛かるみたい。


あ、総会は何とか無事終了しました。


お陰さまで。


それとは別に課題が山積み。


なんか頭の中脳ミソ沸騰中です。


あと数日で落ち着くと思うので…。


では。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-25 23:24

すみません   


ただいま22日の支部総会に向けて準備で一杯一杯です。


ゆっくりブログに向かう時間とか心の余裕がありません。


しばらくお待ちを。。。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-17 12:14 | その他

  

e0272214_2501630.jpg


じゃーん。


あ、すみません、ちょっと缶チューハイ1缶飲んだあとなので。。。


これはお店の活けこみの桜。


お店の6周年記念が今日で、毎年この日は桜を飾りたいのだそうです。


スタンド花をご所望でしたが、飾るスペースがほとんどないということで細長く桜を。左右非対称な感じで、店の隅に置かれるそうなのでそんな感じにしました。


足元はピンクの花で(スィートピー、SPストック)というのも指定なのでこんな感じに。


少しだけ咲き始めた段階で納品しました。週末あたり見ものかも。


も少し書きたいけど、睡魔が襲ってきてこれ以上目をあけていられません。


また明日。


そうそうこれも花材指定で自分で選んだわけじゃないんだ。


お金も口も出さないから好きなようにやってよってお客様どこかにいませんか~?
いたらいたで恐縮しちゃってだめだめなもの作りそうですけど。。。


桜が満開の頃も一度みたいです。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-12 22:41 | 仕事のこと

ばら、バラ、薔薇   


この前のバラ100本からどうやら薔薇づいているらしい。


先日は閉店時間間際にやってきて店にある赤いバラ全部使って花束にして欲しいと。


30本ちょっとあった赤いバラ。頑張りました。


閉店時間って20時なんです。もうちょっとお疲れな時で、ましてや明日から売る赤いバラが全部なくなるって言うんで仕入れも慌てました。幸いパソコンでのセリが長引いていて赤いバラが買えたので良かったのですが…。


やっぱり赤いバラが無いとお祝いの花束なんかで使うことが多いので困りますからね。それに週末直前でしたから。金土日の3日間、赤いバラが何時必要になるかわかりませんからね(必要にならずに終わってしまうこともあるけど、でもありませんって訳にはいかない所が難しいところです)。


うちはスタッフさんは二人いるんですけど二人とも4時には帰ってしまうんです。そうなると4時過ぎの注文は基本私の仕事です。


旦那は仏花関係はやりますが、花束やアレンジはほぼ私の仕事。学生バイトはレジうちやその他の雑用しか出来ないし。


事前に予約していてくれたら昼間のうちにスタッフさんがやっておいてくれたりするんですけどね。


閉店間際に来られちゃ私がやるしかないです。


そして今日。


お店で唯一活け込み的な仕事をさせてもらってるお店の方から「お世話になっている方が来ているのでピンクのバラを使って053.gifの形にアレンジして周りをカスミソウで囲んでピンクを際立てて、出来るだけ急いで持ってきてねー」と…。


「あのー予算は?」


「いくらでもいいから」


「…はい、急いでやります!!」


というわけです。


31日のバラ100本から2週間経ってないのにバラ三昧な日々。こんなの初めてです。


最近は午前中は家で支部の仕事をして、午後は店に出て…な感じで、店に出たら出たで母の日の準備もしなくちゃいけないんですけど、4時過ぎになるとポツポツと来る小売の仕事で集中が難しくなる。


資材の発注は私の仕事なので仕事が遅れる遅れる。。。


そんな時にこの仕事。


今日は残業してメインの資材やさんの発注だけはまとめました。


明日は…活けこみの仕事と美容院へ行って髪を切ってくるのと、夜は支部の会計さんと色々打ち合わせ。


当分めまぐるしい日々は続くみたい。。。

More
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-11 23:06 | 仕事のこと

忙しくなりました   


なんだか忙しくなってきました。


体が3つくらい欲しい~。


母の日の準備もせわしなくなってきたし、支部の仕事も総会ともうひとつ。


でもって忙しいときほど細かいことまで気にしてしまうし、大雑把で済ますことを嫌う、めんどくさい性格。


肝心なのはコミュニケーションですよね?と思いつつ連絡事項が遅れ気味。


この後頑張ってやります。


e0272214_0532330.jpg


そんななか、お客様からいただいたお菓子。


時々ですけどお客さんとか近所のおばちゃんとかからお菓子やら漬物やら野菜やらいただきます。有難いことですね。テナントで入っているお菓子屋さんからは賞味期限が切れそうなケーキをいただくこともしばしば。スタッフさんたちのお茶請けには本当に有難いです。


で、これはおこげと書いてある様に、それぞれの味のペースト状のものを薄く焼いたような感じのもの。


私は塩枝豆を。ちょっと微妙なお味でした。。。でもこの包装紙が日本手ぬぐいみたいでいい感じ。そういうものはついつい捨てられずにいます。きっとそのうち裏紙としてメモ用紙になっていくのかも。まぁメモ用紙としての利用価値があって残っている分にはまだいいですよね。


明日は資材やさんが来るので母の日の準備も少しは前進します。


母の日は花そのものの準備も大変ですけど、リボンや包装紙などのラッピング関係、アレンジメント様の器、宅配便用のダンボールや伝票、その他レジ袋だったり、文房具や備品、スタッフやアルバイトの調整やらやることは沢山あります。


スーパーやコンビニなんかはもうとっくにパンフレットがあったりするけれど、うちは小さな花屋なのでそういうものはないし、商品をこれと決めてそのパターンだけ用意する店でもない。


鉢物やカーネーション1本でラッピングしたものなどはあらかじめ用意するけどアレンジや花束は少しだけ作りおきして、基本注文を受けてから作ります。


スーパーのテナントでいるせいなのかどうかは知らないけど、要望を聞くって事が大事なんかな。


店に来て花を見て悩んでお母さんのことを考えてイメージして。


母の日だけじゃなくそうやって相手のことを考えることが大事なんだよねきっと。


ほんとは溢れかえる物と人で作りおきする場所が無いって言うほうが正しいけど、もっともらしい理由をあてつけてみました。。。でも大事なことですよね。プレゼントを選ぶって相手のことを考える大事な時間ですもの。


でも時々、そんなんじゃなくてただ優柔不断で決められないって人もいて往生するけど…先日はそれが3組続いてちょっと勘弁してくれよぉって思ってしまいましたけど。


ではこれから支部の仕事します。


あ、もう2時になる。。。徹夜は勘弁なんだけどなぁ~。。。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-10 23:38 | 仕事のこと

花屋のほかに…   

普段は花屋なんですが、もうひとつの仕事。


NFD(公益社団法人日本フラワーデザイナー協会)に所属していて、長野県支部の支部長なんてしています。


支部長の器じゃないんですけどね、いろいろ諸事情があって昨年春から支部長になりました。


まぁ器じゃないんで、他の委員さんや、歴代の支部長の皆さんにだいぶ助けてもらいながらですけど。


で、2週間後、22日に支部総会ってのがあります。1年の事業報告やら会計報告、24年度の事業計画や予算を発表するんです。


今からきんちょー。


e0272214_2221869.jpg

実は・・・自分の几帳面?硬い石頭な部分がこういうところ出る、時がある。


っていうか、なんでも自分でやりたがる、やらないと気が済まないみたいなね。


だから人に任すってことをこの1年覚えたような気がします。あ、1回凄い自己主張したような…(^^;


任せたからには自分だったらと思うことは封印。でも言いたい事は一杯あるんだぞー。全てにおいてじゃないけどね、ある部分で。


でも、ふとそれは我慢してていいことなのか?と悩んだりもする。


例えばね店の仕事で、切花の水替えなんかは一人でやりたいの。自分で全部花の様子見て、並び替えもして、写真のように色別できちんと並べたりしたいの。


それは自分の趣味趣向な部分でもあるんだけど。。。小さな店だから一人で出来ることだし、まぁ自分が頑張ればいいんだろうし、古いけど「背中を見てくれー」って思いもある。


そんなんで人を使えるのか?って話しだけど、肝心なところはちゃんとスタッフさんと話してやってるし、女性同士なんで旦那に間に入ってもらって後腐れないようにやってたり、それなりに苦労しながらやってるんだけど。


あれっ、何話したかったんだろう?


要は人と協力して仕事をするっていうのは苦手で難しいって事です。特に自分がリーダーみたいな立場だと。


どっちかっていうとリーダーは他にいてその下でちょこまか動いてるほうが性分なんだけどなって、そう思う自分がいつもいます。


で、上に噛み付いたりしてね。あー何時までも子供なんだな私って。。。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-09 23:19 | 自分のこと

もうひとつのキッチン   


お酒は好きです。


たぶん強いほうだと思います。


でも、家飲みが苦手で、家ではビールの350の缶ですら飲み干すことが出来ません。


で、週に一度くらいここで飲みます。


あ、写真が無い!!


ハローズバー


もう10年以上のお付き合いです。


食事中に写真を撮るのが苦手で、なかなか写真を撮らないのですみません。


ここではまずベルギービール飲みます。日本のビールは切れがあり過ぎたりするので私にはこっちのほうがちょうどいいです。ここはベルギービールの種類も豊富でそれ目当てのビール好きも集まります。
私はもっぱらヒュールガルテンホワイトなど白ビールがメイン。


その後大概ワインを飲みます、気分ですけどもっぱら赤のほうが多いかな。そしてやはり気分ですけど基本はグラスワイン、時々ボトルで。。。


食べ物も美味しいです。


マスターが色々工夫してビールやワインに会う者を出してくれます。


今夜は福島産フルーツトマトとクリームチーズのサラダ、スタッフのアッキーナが作ったポテトのキッシュとペペロンチーノこれでビール2杯とワイン2杯。


それから常連のりかちゃんがきたのでもう1杯。


これで疲れもぶっ飛びます。


来週も、あ、もう明日だけど…頑張るぞ!!




愛しきもののカテゴリーで真っ先に取り上げたかったのがこのお店です。


twitterでいつもこの店で酔っ払ってるのを呟くのでフォロワーさんたちがこの店に来たがってくれます。


安曇野に来たらぜひ案内するので皆さん安曇野に遊びに来てくださいねぇ~。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-08 22:54 | 愛しきもののこと

さてさて…   

e0272214_23285235.jpg

ほんと、さてさて7日目にして何書こうかと悩んでいる。。。


今日一日何したっけなぁ~。


4月の第1週の週末だっていうのに今日明日と発表会の花束の注文なんてあって、子供たちも忙しいんだなぁって。


子供がいないといろんな所で知らないことが多いなぁって思うことがしばしば。


とはいえ、今更子供が欲しいという年齢を超えてしまっているような。。。あ、頑張ればまだいけるのかな?でも、これも人生と受け入れようと思っていますが、40歳を過ぎた頃から実は心の奥底で引っかかっている迷い事でもあったんだよね~。


twitterなんかで子供の話題とか出るとまだ羨ましいと思う気持ちがあるし、特に子供とお酒飲んだとかね、早いうちに子供がいたらもうそうなるのかなって。自分の場合36で結婚したからどんなに頑張ってもまだ小学生だけどね…。


逆に今は義母の介護のことなどもあって子供のこと考える余裕もなくて旦那と二人仕事と介護で精一杯だからこれでよかったのかとも思ってる。


人生、なにが良かったかなんて終わってみないとわからなしね。


ってことで今日の花はカラー“ウェディングマーチ”です。


19の頃、この花が好きになって…きっかけは篠ひろこさんていう女優さんがクラッチブーケみたいにしてカラーの花束を抱えて持っていた写真を見てなんて素敵なんだろうと思ったのが最初。


花屋になるまでは大好きでした。


ただ、実際これを扱うようになると太いからアレンジを間違えると大きな穴が開くし、花束にすると茎と茎の間の空間が難しいしでこれほど難しい花かと。


沢山をガラスの器に無造作に活けるならいいんですけどね。


見てる分には素敵な花です。


では、明日は早番のスタッフさんがいないのでもう寝ます。
[PR]

by kiku6510 | 2012-04-07 23:28 | その他